top_title

花炭



花炭は家庭でも比較的簡単に作ることが出来ます。是非試してみて下さい。
必要な道具 空缶、針金、釘、アルミホイル、ペンチ、軍手
素材 木の実、果物、野菜など
素材について
木の実、ドングリ、松ぼっくり、栗、杉の葉 比較的短時間で出来上がり、失敗が少ない
鷹のつめ、麦、蓮のみ、花、野菜類 野菜類は水分が多いため時間がかかる。花や葉などは崩れやすく火加減や時間がむずかしいです。
パイナップル、カボチャ、ザクロ 時間がかかる為、素材をつめた缶を大きな炭窯にいれる必要がある。すこし難しい。
1. 空き缶を用意する。海苔やお菓子などの空き缶など、出来れば四角い缶が良いです。
2. 蓋に釘で穴を開ける。左右対称に釘で穴を開け、釘は後で使うのでとっておきます。
3. 素材をアルミでやさしく包む。素材が直接缶にふれないようにするためです。
4. 缶に素材を入れて蓋を閉め、針がねをかけてとめる。新しい缶の場合蓋が飛ぶ可能性があるのと、過熱によって蓋がそり空気が入るのを防ぐためです。この時に四角い缶のほうが針金をかけやすいです。
5. 火にかけ暫くすると、蓋に開けた穴から煙りが出て来て炭化が始まる。煙りが出るまでの時間は、素材、量により異なります。
6. 煙りが出なくなったら、蓋の穴に釘を戻し密閉する。
7. 火から降ろし完全に冷めるまで待ってから、蓋を開け中身を取り出す。冷めないうちに蓋をあけると空気が入り、中の素材が燃え出してしまいます。
出来上がり!
飾りましょう!
  • 人により作り方は様々です。
  • 壊れないつめかたを考え工夫したり、火加減なども何回か焼くうちコツを覚えて行くと思います。
  • 花炭のページに戻る